top of page
  • 執筆者の写真とむアトム

お別れ



約3ヶ月の付き合いでした。床ずれを完治させることはできずむしろそこから感染が進行して致命的になりました。最後は安らかな顔でい逝ってくれました。わかっていたことなので悲しくはありませんでした。寂しくなりました。いろいろ教えてくれていろいろ考えさせてくれました。一生忘れません。ありがとう。


閲覧数:1,005回2件のコメント

最新記事

すべて表示

2 Comments


永富丈
永富丈
Oct 25, 2018

コメントありがとうございます。生きていることを大事に思います。

Like

h.shin-tae-0204
Oct 17, 2018

とうとう、お別れの時が来てしまいましたね。具合いがよくなさそうだったので、とても気になっていました。病院で働いてる頃は患者さんが亡くなると、楽になられましたね、お疲れ様でした。という気持ちで見送ってきましたが、人間や動物死はいつか来るものわかってはいる事ではありますが、自分の身の回りの、深く関わった方やペットがなくなるのは、喪失感が大きいですね。大きいワンちゃんだったので、お家での介護は難しかったんでしょうね。

先生も、ワンちゃんもお疲れ様でしたm(__)m

先生のおかげで、このワンちゃん完治は難しかったにせよ。長く生きれましたね。

先生ありがとうございましたm(__)m

私達も忘れません。

我が家のワンコ達も、1日でも長く生きてて欲しいな(*^O^*)

Like
bottom of page